天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 恒星

金属線星

化学特異星を参照。

2017年08月26日 恒星

巨星

大きく広がった大気を持つ恒星(英語名称の最後の star は省略されることが多い)。光度階級ではIIIとIIに属する。赤色巨星、赤色巨星分枝を参照。

2017年08月26日 恒星

強ヘリウム星

化学特異星を参照。

2017年08月26日 恒星

共生星

赤色巨星と白色矮星の連星系で、スペクトルに特異な特徴を持つ星。低温度星の分子吸収スペクトルと高温ガスからの輝線が同時に観測される。輝線は赤色巨星から白色矮星への質量移動によって形成された白色矮星周りの降着円盤から発せられ […]

2017年08月26日 星間物質と星形成

巨大分子雲

概ね太陽質量の1万倍程度以上の質量を持つ分子雲のことを指す。多くの巨大分子雲では大質量星を伴う星団が形成されている。 最も近傍の巨大分子雲はオリオンA分子雲である。

2017年08月26日 銀河・銀河団

局所高温バブル

太陽系を取り巻いて存在している半径100パーセク(100 pc=326光年)程度の大きさの高温低密度領域のこと。単に局所バブル(Local Bubble: LB)とも呼ばれる。軟X線の背景放射の観測からこの高温ガスの存在 […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

局所星間雲

われわれの天の川銀河(銀河系)の中で、太陽系の現在の位置にある大きさ約6パーセク(6 pc=20光年)の星間雲。太陽系はこの星間雲の中を通過中であると考えられている。星間雲に対する太陽系の相対運動の向きはほぼ銀河中心を向 […]

2017年08月26日 星間物質と星形成

急冷炭素質物質

プラズマを用いて実験室で生成された炭素質物質で、低温度天体の赤外線スペクトルの細かいバンド構造をよく再現することが知られている。メタンを原料とし、赤色巨星の表面温度である3000 K程度に加熱されてプラズマ状態になったガ […]

2017年08月26日 星間物質と星形成

輝線星雲

自ら輝線を放出しているガス星雲のこと。発光星雲ともいう。

2017年08月26日 観測天文学

銀河間吸収

銀河やクェーサーから出た光がわれわれに届くまでに銀河間空間の物質によって吸収されること。銀河間空間にはさまざまな規模のガス雲や希薄なガスが存在している。それらのほとんどは暗すぎて直接検出することはできないが、もし背後に明 […]

2017年08月26日 星間物質と星形成

銀河間塵

銀河間ダストおよびダストを参照。

2017年08月26日 星間物質と星形成

銀河間ダスト

銀河間空間に存在するとされるダスト。微量であるため直接検出することは極めて難しいが、遠方天体を観測してその天体の減光量から間接的に検出する試みによって、存在が示唆されている。遠方天体とわれわれとの間の銀河間空間にダストが […]

2017年08月26日 星間物質と星形成

銀河間物質

銀河と銀河の間に広がる空間に存在している物質の総称。宇宙にあるガスの大半が希薄な状態で銀河間空間に存在していると考えられている。

2017年08月26日 星間物質と星形成

球状星団

数10万個の星がほぼ球状に密集する星団。中心に行くほど急速に星の密度が高くなる。銀河を取り巻くハローの中に分布し、種族Ⅱに典型的な色-等級図を示す(両者の色-等級図の比較については散開星団を参照)。銀河形成の初期段階にで […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

狭輝線領域

活動銀河核のスペクトルに見られる幅の狭い(数百 )許容線の源となっている領域のことで、降着円盤からの紫外線によって電離されたガスでできていると考えられている。領域の大きさは100パーセク(100 pc=326光年)程度と […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

銀河群

明るい銀河を数個含む銀河の集団。孤立銀河と銀河団の中間の階層に位置づけられるが、銀河群と銀河団の間には明確な境界はない。天の川銀河(銀河系)は局所銀河群という銀河群に属する。局所銀河群には少なくとも50-60個以上の銀河 […]

2017年08月26日 宇宙の進化

局所超銀河団

天の川銀河(銀河系)の属する超銀河団。1950年代にドゥ・ボークルールによってその存在が指摘されたが、実際に存在するかどうかについては議論が続いた。明るい銀河の赤方偏移サーベイが進んでその存在が実証された。 半径20メガ […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

銀河団

明るい銀河を100個程度以上含む銀河の集団。銀河以上の階層構造のうち自己重力系としては最大の構造。ただし、小規模な銀河団と大規模な銀河群との間に明確な境界はない。天の川銀河(銀河系)から最も近い銀河団は、距離約18メガパ […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

銀河団ガス

銀河団の内部に充満している数千万度から1億度の高温ガス。ガスは電離状態にあり、X線を放射している。銀河団ガスは銀河団の全バリオンの約8割(質量比)を担っており、星は残り2割に過ぎない。銀河団ガスは、主にダークマターで決ま […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

銀河衝撃波

銀河円盤内の非軸対称重力ポテンシャルによって星間ガスに生じる衝撃波のこと。特に、渦巻腕や棒状バルジに関連した衝撃波を指すことが多い。銀河円盤内に密度波理論で生じるような恒星の密度波が生じると、それによるポテンシャルで星間 […]

関連画像

*渦巻腕に伴う銀河衝撃波とそれによって生じる渦巻腕の構造。この図は天の川銀河の場合として書かれているが、他の渦巻銀河でも同様の機構が働いていると考えられる。
土佐 誠「銀河衝撃波理論」、シリーズ現代の天文学第5巻、祖父江・有本・家編『銀河II』第2版
9.3節 図9.15 (日本評論社)

*銀河中心を巡る円軌道に沿った各物理量の変化。ガスは左から右に流れている。下から重力ポテンシャル、星間ガス速度の円周方向成分、星間ガス速度の半径方向成分、面密度の順に示してある。縦軸はいずれも相対値。重力ポテンシャルの谷の直前に衝撃波が発生し、そのために面密度が急増している。
土佐 誠「銀河衝撃波理論」、シリーズ現代の天文学第5巻、祖父江・有本・家編『銀河II』第2版
9.3節 図9.14 (日本評論社)