天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 観測天文学

放射補正

可視Vバンドでの等級と放射等級(全波長域を考慮した等級)の差。B.C.(bolometric correctionの頭文字)と略される。輻射補正ともいう。星の各スペクトル型について求められており、これによってVバンドでの […]

2017年08月26日 太陽系

暴走的ガス捕獲

水素とヘリウムからなる外層(エンベロープ)をもつ木星型惑星の形成についてのコア集積モデルでは、微惑星の集積によって成長した固体の原始惑星が重力によって周囲の原始惑星系円盤ガスを捕獲したと考える。このとき、原始惑星の質量が […]

2017年08月26日 太陽系

暴走的成長(微惑星の)

微惑星が衝突合体を繰り返して惑星が形成される惑星集積過程の初期の段階において、周りの微惑星より質量が大きくなったものがさらに周囲の微惑星より速く成長し、他から抜きんでて大きくなる現象のことを暴走的成長(または暴走成長)と […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

ホビー-エバリー望遠鏡

テキサス西部のマクドナルド天文台にある有効口径9.2 m(鏡の実際のサイズは11 m 9.8 m)の分割鏡望遠鏡。主鏡を対角長1 mの六角形球面鏡91枚で製作し、望遠鏡の高度角を55度に固定することで、従来の望遠鏡に比べ […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

ホイップルガンマ線望遠鏡

アメリカなどのグループがガンマ線天文学のために米アリゾナのホプキンス山(標高2320 m)のホイップル(Fred Lawrence Whipple)天文台に建設した口径10 mの大気チェレンコフ望遠鏡。1968年から観測 […]

2017年08月26日 太陽系

放射線帯

地球や磁場を持つ惑星の周囲にトーラス状に分布する高エネルギー粒子の帯状の構造。地球の放射線帯は、1958年にアメリカが打ち上げた人工衛星エクスプローラーに搭載された放射線計測器により発見された。機器責任者の名前をとり、バ […]

2017年08月26日 太陽系

放射点

流星群を構成する流星体(ダスト)は、母天体の軌道に沿った、ほぼ同じ軌道を運動している。そのため、地球に突入した流星は、天球上では1点から放射状に流れるように見える。これを、放射点もしくは輻射点と呼ぶ。散在流星では、放射点 […]

2017年08月26日 太陽系

ポインティング-ロバートソン効果

太陽の重力を受けて太陽の周りを公転する粒子は、重力のほかに、太陽からの放射を吸収または散乱して運動量を受け取る。これを放射圧または光圧と呼ぶ。重力は粒子の質量に比例するのに対して放射圧は表面積に比例するので、小さな粒子で […]

関連画像

いろいろな鉱物種からなる太陽系内の微粒子に対して、太陽から受ける放射圧と重力の比を粒子の半径の関数として表した図。粒子半径が0.1-1μm程度だと放射圧の影響が大きくなることが分かる。
出典: 向井正 2006, J. Plasma Fusion Res., Vol. 82(No.2), 77-80