天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

カイパー飛行機搭載天文台

 

よみ方

かいぱーひこうきとうさいてんもんだい

英 語

Kuiper Airborne Observatory

説 明

地上からは困難な赤外線観測を行うために軍用輸送機C-141Aの民間 改良型をベースに防震装置に載せられた口径91.5 cmの望遠鏡を機体 前部側面に搭載した天文台。大気中の水蒸気による吸収の ために近赤外線と中間赤外線のいくつかの大気の窓を除いたほとんどの 波長域で天体からの赤外線が地上に到達しない。しかし、10-14 kmの ジェット機高度に上がると多くの波長で観測が可能となる。1974年に 初飛行し、1995年に引退した。この間、太陽系内天体や超新星1987A の観測で活躍した。後継機としてジャンボジェット機B747SPに口径2.4 mの望遠鏡を搭載 した成層圏赤外線天文台が開発された。

2018年08月17日更新

関連画像

飛行中のカイパー飛行機搭載天文台。(クレジット: NASA/Ames Research Center)。
https://airandspace.si.edu/explore-and-learn/multimedia/detail.cfm?id=3615