天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

赤道座標系

高

よみ方

せきどうざひょうけい

英 語

equatorial coordinate system

説 明

天球座標系のうち、赤道面を基準面として定義した座標系。この座標系における経度を赤経(通常\alphaで表す)、緯度を赤緯(通常\deltaで表す)と呼び(\alpha, \delta)と表記する。赤緯0°は天の赤道、赤緯90°は天の北極、赤緯-90°は天の南極である。赤経の原点は春分点の方向にとり、赤道に沿って東回りに角度を測る。赤経は角度(度分秒)ではなく時間(時分秒)で表すのが通例である。恒星地球自転によって日周運動するから、恒星の位置を表すのに便利な座標系といえる。
赤道面や春分点は歳差章動により変動するため、赤道座標系で天体の位置を表すためには「J2000.0の平均春分点および平均赤道にもとづく」とか「瞬時の真春分点および真赤道にもとづく」などのように元期と章動の扱いを明示する必要がある。とくにJ2000.0の平均春分点および平均赤道にもとづく座標系は、FK5カタログ国際天文準拠系をはじめ、あらゆる理論の基準となる座標系となっている。天の極黄道座標系も参照。

2018年12月11日更新

関連画像

赤道座標系
* 赤道座標系と地平座標系
郷田直輝「宇宙の起源と現在の姿」、シリーズ現代の天文学第1巻、岡村・池内・海部・永原編『人類の住む宇宙』第2版 2章 図2.12 (日本評論社)をもとに製作。
赤道座標系
* 赤道座標系
片山真人「天体位置の表現」、シリーズ現代の天文学第13巻、福島登志夫編『天体の位置と運動』第2版 2章 図2.5 (日本評論社)