天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 観測天文学

赤外線点源

赤外線源のうち点状に見える天体。通常、分子雲などに埋もれた天体は可視光では見えないため、赤外線で輝く点源となる。 星生成領域において、赤外線点源があるかどうかを調べることにより、分子雲コアの中心付近で原始星がすでに形成さ […]

2017年08月26日 観測天文学

星雲線

禁制線を参照。

2017年08月26日 観測天文学

赤外線星

可視光では暗く、赤外線で明るく輝く星や点源のこと。 分子雲中で濃いガスに埋もれた赤外線点源と呼ばれる形成途上の星や、褐色矮星などが赤外線星である。

2017年08月26日 観測天文学

星間ガス

星間物質を参照。

2017年08月26日 観測天文学

星間吸収

星間空間を電磁波が、伝搬する途中で星間空間の物質に吸収されること。 実際には物質による吸収と散乱があり、その両方の効果を合わせて減光と呼ぶ。星間吸収を星間減光と同じ意味に用いることもある。

2017年08月26日 観測天文学

星間空間

銀河の中の空間で、個々の星の影響が強く及ぶ近傍を除いた部分を指す言葉。星間物質、星間媒質も参照。

2017年08月26日 観測天文学

絶対温度

個々の物質の特性に依存しない方法で定義した温度で、単位はケルビン(K)。 熱力学を基礎として、古典論的には原子や分子の熱運動がゼロとなる温度が0 Kである。1968年の国際度量衡総会で水の三重点()をと定義したので、日常 […]

2017年08月26日 観測天文学

星間減光

一定方向に伝搬する電磁波が物質による吸収や散乱を受け、前方に到達する電磁波のエネルギー総量が減少することを減光と呼ぶ。 星間空間を伝搬する波長の電磁波が、星間空間に存在している物質によりさえぎられて弱められることを星間減 […]

2017年08月26日 観測天文学

星間減光曲線

一般の星間空間における選択減光のスペクトルのこと。 星間減光の波長依存性、すなわち選択減光の波長依存性を表す曲線のこと。通常は、縦軸を規格化された星間減光 あるいは選択減光  とし、横軸をμmで測った波長 の逆数で表した […]

2017年08月26日 観測天文学

星間赤化

星の光が星間物質中のダストにより吸収や散乱を受け、本来の色よりも赤くなること。一般に波長の短い光ほど吸収や散乱の影響を強く受けるため、色指数が大きくなる。その量はBバンドとVバンドでの星間減光の差、E(B-V)= A(B […]

2017年08月26日 観測天文学

赤経

赤道座標系を参照。

2017年08月26日 観測天文学

赤道座標系

天球座標系のうち、赤道面を基準面として定義した座標系。この座標系における経度を赤経(通常で表す)、緯度を赤緯(通常で表す)と呼びと表記する。赤緯0°は天の赤道、赤緯90°は天の北極、赤緯-90°は天の南極である。赤経の原 […]

2017年08月26日 観測天文学

赤緯

赤道座標系を参照。

2017年08月26日 恒星

閃光星

フレア星を参照。

2017年08月26日 星間物質と星形成

前主系列星

原始星やTタウリ型星のこと。 星が生まれた後、主系列星に向かって進化している段階にある星のことを指す。林トラックも参照。

2017年08月26日 恒星

接触連星

連星のうちで、二つの星の距離が星の直径程度より小さいものを近接連星というが、その中でも距離が極めて近く、お互いの表面が接触しているもののこと。ロッシュモデルも参照。

2017年08月26日 恒星

セファイド

脈動変光星の一種。セファイド変光星あるいはケフェウス座𝛅型変光星ともいう。中質量星がヘリウム燃焼段階にセファイド不安定帯を横切る際に起こる外層の脈動により変光する。多くは星全体が膨張、収縮する基準振動をしているが、なかに […]

2017年08月26日 恒星

セファイド変光星

セファイドを参照。

2017年08月26日 観測天文学

赤色巨星

表面温度が低く、光度が高い恒星。中心部で水素が枯渇すると、恒星は中心部の周りでの水素の核融合(殻燃焼)で輝くようになる。この段階で恒星は大きく膨張し、表面は低温となり、光度は高くなる。HR図上では右上に位置し、球状星団の […]

2017年08月26日 観測天文学

赤色超巨星

赤色巨星、超巨星を参照。オリオン座のベテルギウスは太陽の約20倍の質量を持つ代表的な赤色超巨星で、脈動変光星の中の半規則型に分類されている。恒星の進化の最終段階にあり、寿命が終わるとⅡ型超新星爆発を起こすと考えられている […]

関連画像