天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 理論

世界線

特殊相対性理論は座標系をローレンツ変換によって変換した際に基礎物理法則が共変になるように構成され、さらに重力まで考慮された一般相対性理論は一般座標変換に対して物理法則が共変になるように構成される。いずれも時間座標と空間座 […]

2017年08月26日 理論

静水圧平衡

流体に働く重力と圧力勾配がつり合っている状態を静水圧平衡にあるという。 たとえば通常の恒星は静水圧平衡にあると考えてよく、ガスの状態方程式と組み合わせることで温度と密度の分布が計算できる(エムデン解)。銀河団を満たしてい […]

2017年08月26日 観測天文学

漸近巨星分枝

中心部でのヘリウム燃焼を終え、中心核の周りでヘリウムや水素の殻燃焼を行う段階にある中小質量星がHR図上で形成する系列。質量が太陽の約8倍より小さい場合には、ヘリウム燃焼で生じた炭素と酸素からなる中心核で電子が縮退し、次の […]

2017年08月26日 観測天文学

制動放射

荷電粒子が原子核に近づくと、そのクーロン場内で加速度運動を行い電磁波が放出される。この現象およびそれによる放射を制動放射と呼ぶ。 電子のエネルギーを 、電磁波の周波数を とすると、制動放射のスペクトルは ( はプランク定 […]

2017年08月26日 観測技術

セシウム原子時計

原子時計を参照。

2017年08月26日 時と暦

節気

二十四節気を参照。

2017年08月26日 理論

前主系列収縮

前主系列星であるTタウリ型星の中心では水素の核融合反応はまだ始まっておらず、表面からの放射によりエネルギーを失うことで星全体がゆっくり収縮している。この収縮のことを前主系列収縮と呼ぶ。つまり、Tタウリ型星はこの重力収縮に […]

2017年08月26日 理論

専用計算機

特定のアプリケーションに特化したハードウェアを持つ計算機のこと。これに対して、特定のアプリケーションに特化した特別なハードウェアを持たず、Fortran などの高級言語で書いたプログラムを実行できる計算機を汎用計算機とい […]

2017年08月26日 時と暦

世界時

異なる場所における太陽の南中時刻は基準とする地点からの経度差分だけずれる。たとえば、地点Aより経度15°だけ西の地点BではAよりも1時間遅く、経度30°だけ西の地点Cでは2時間遅く太陽が南中し、したがって各地で定めた地方 […]

2017年08月26日 理論

セファイド不安定帯

HR図上で、セファイドを含む脈動変光星が見られる帯状の領域。脈動不安定帯ともいう。この不安定帯を構成する変光星は、2階電離したヘリウムの層が大気の表面近くに位置するために大気が振動不安定になることによる。この不安定帯には […]

2017年08月26日 理論

セファイドループ

ヘリウム燃焼段階にある中質量星がHR図上で示す進化経路。以上の星は、中心核で電子の縮退が起こる前にヘリウム燃焼が起こり、中心核でのヘリウム燃焼と水素の殻燃焼の二つのエネルギー源をもつ構造となる。ヘリウム燃焼によって中心核 […]

2017年08月26日 理論

線形安定性

微小なゆらぎが減衰すること。とくに差分法にもとづく数値解析の場合、安定な解を求めるためには、計算手法が線形安定性を満たす必要がある。線形安定性を満たない計算手法を用いると、数値不安定が発生して計算が破綻する。簡単な偏微分 […]

2017年08月26日 観測天文学

赤色巨星分枝

HR図において、主系列を離れて進化した中小質量星(赤色巨星)が形成する系列。膨張によって外層の温度が下がり、ガスの不透明度が増すと対流が発生する。水素の殻燃焼で発生したエネルギーが効率よく表面から放射されるため、外層の膨 […]

2017年08月26日 時と暦

西矩

矩を参照。

2017年08月26日 時と暦

星座

天球上の星の並びを人、動物、物などに見立てて呼び名をつけたもの。古代メソポタミア文明が起源とされるが、さまざまな文明がさまざまな時代にそれぞれの星座を作り上げた。北天の多くの星座のルーツは古代ギリシャ文明にあるが、南天の […]

2017年08月26日 理論

星震学

星の振動の観測を利用して星の内部を調べる研究。星の振動は、ガスの圧力を復元力とする音波モード(p-モード)と、浮力を復元力とする重力波モード(g-モード)に大別され、後者は非動径振動にのみ見られる。振動は内部で起きている […]

2017年08月26日 時と暦

星食

月による星の掩蔽、すなわち月が星の前を横切り、星を隠す現象のこと。星が月の縁ぎりぎりをかすめていくような場合をとくに接食と呼ぶ。

2017年08月26日 恒星

星風

質量放出を行っている星から流れ出す物質流。低温度星では程度で定常的な星風を吹き出しているものが多いが、高温度星ではその流れがに達する激しい星風を示すものもある。星風が存在する天体には、P Cyg プロファイルが現れること […]

2017年08月26日 理論

星間化学

星間空間において重要となる化学反応や星間分子の進化を記述する化学のことであり、化学の一分野を形成している。極低温(絶対温度10K程度)の分子雲では気相中の中性粒子の衝突ではほとんど反応が起こらないため、ごくわずかに存在し […]

2017年08月26日 理論

正規分布

平均から外れるほど左右対称に確率が減少する「つりがね型」をした確率分布。ある集団の人間の身長の分布、多数の人が受験するテストの成績の分布、測定誤差の分布など、ほぼ正規分布に従う現象は、社会統計量や自然現象の中に多く存在す […]

関連画像

*図1 正規分布(ガウス分布)の分布関数(確率密度関数)とさまざまなパラメータ。
岡村他編『理系ジェネラリストへの手引き』(日本評論社)より。
*図2 ばらつきの度合いを決める分散(左)と正規分布の標準化(右)。
岡村他編『理系ジェネラリストへの手引き』(日本評論社)より。
*図3 偏差値
岡村他編『理系ジェネラリストへの手引き』(日本評論社)より。