天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3200語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 恒星

星風

質量放出を行っている星から流れ出す物質流。低温度星では 10 km s-1 程度で定常的な星風を吹き出しているものが多いが、高温度星ではその流れが 1000 km s-1 に達する激しい星風を示すものもある。星風が存在す […]

2017年08月26日 理論

星間化学

星間空間において重要となる化学反応や星間分子の進化を記述する化学のことであり、化学の一分野を形成している。極低温(絶対温度10K程度)の分子雲では気相中の中性粒子の衝突ではほとんど反応が起こらないため、ごくわずかに存在し […]

2017年08月26日 理論

正規分布

平均から外れるほど左右対称に確率が減少する「つりがね型」をした確率分布。ある集団の人間の身長の分布、多数の人が受験するテストの成績の分布、測定誤差の分布など、ほぼ正規分布に従う現象は、社会統計量や自然現象の中に多く存在す […]

2017年08月26日 理論

ゼルドビッチ近似

宇宙の構造形成における、重力的な非線形成長を記述する近似法の一つ。宇宙の構造形成における初期段階では、質量密度の空間的ゆらぎが小さい。ゆらぎが十分小さい段階では、線形理論によってその時間発展が記述できる。ゆらぎが十分成長 […]

2017年08月26日 理論

接触軌道要素

軌道要素を参照。

2017年08月26日 理論

摂動

もともとは天体力学の用語であるが、それ以外の分野でも、平衡(安定)な状態に対するわずかな乱れを指す語として用いられる。 たとえば天体力学で惑星の運動を考える場合、太陽のほかに他の惑星や小惑星などの影響も考えねばならないが […]

2017年08月26日 理論

摂動力

摂動を参照。

2017年08月26日 時と暦

赤道地平視差

地心視差を参照。

2017年08月26日 理論

制限三体問題

三体問題であるが、3つの質点のうちの1つが他の2つと比べてその質量を無視できる場合にこう呼ばれる。たとえばA、Bの2つの天体と質量が無視できるCがあるとする。CからのAとBへの万有引力による影響は無視できるので、AとBは […]

2017年08月26日 観測技術

静止軌道

地球の周りを回る人工衛星の公転周期は、地球中心からの距離が大きくなればなるほど長くなる(ケプラーの第3法則、ケプラーの法則参照)。ある特定の高度に人工衛星があると、その公転周期が地球の自転周期と一致することになる。このよ […]

2017年08月26日 観測天文学

赤方偏移空間

銀河の空間分布を調べるためには、2次元的な天球面上での位置に加えて奥行き方向の距離を得る必要がある。しかし、遠方銀河までの距離を直接測ることは難しい。そこで、銀河の赤方偏移により距離を推定して銀河を3次元空間にマッピング […]


Warning: Use of undefined constant post - assumed 'post' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/xs775774/astro-dic.jp/public_html/wp-content/themes/astro-dic2023/archive.php on line 33

関連画像

画像をクリックすると拡大されます

銀河の赤方偏移サーベイSDSSによって得られた赤方偏移空間の銀河分布。
http://classic.sdss.org/legacy/index.html