天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 太陽系外惑星

生存可能圏

ハビタブルゾーンを参照。

2017年08月26日 太陽系外惑星

生存可能指標

太陽系外惑星を含む惑星の観測から得られる、惑星大気の組成や表面温度などの情報のうち、液体の水が安定に存在していること、もしくは有機物が生成される可能性のある環境であること、を示すものを指す。具体的には、大気中の水、酸素、 […]

2017年08月26日 観測天文学

線スペクトル

輝線スペクトルと吸収線スペクトルを合わせた総称。スペクトルも参照。

2017年08月26日 観測天文学

選択減光

基準となる波長での星間減光と比べて特定の波長における相対的な星間減光を表す言葉。通常は、波長 の星間減光 とVバンド(中心波長)の星間減光 の差、 で定義する。星間減光曲線も参照。

2017年08月26日 観測天文学

選択効果

ある一定の現象の統計的性質を調べる際に、サンプルの選択方法あるいは観測や測定の方法に何らかの問題があることによって、真の統計量から偏りが生じることを指す。調査対象とする量に対して選択効果がないと考えられるサンプルは完全サ […]

2017年08月26日 観測天文学

接線速度

天体の空間運動速度の視線に垂直な方向の成分(視線速度も参照)。天体の距離が知られていれば、固有運動から測定できる。

2017年08月26日 観測天文学

絶対等級

天体を10 パーセク(10 pc=32.6光年)の距離から見た場合の見かけの等級。天体の真の明るさを表し、100倍明るくなる毎に等級は5等ずつ減っていく(1等の違いは約2.5倍の比に相当)。たとえば、Vバンド(0.55 […]

2017年08月26日 観測天文学

零歳主系列

生まれた直後の星団の星々が作るHR図上の仮想的な主系列のこと。英語のZero-Age Main Sequenceの頭文字を取ってZAMS(ザムス)と略称されることも多い。Tタウリ型星が前主系列収縮を経て主系列星になった直 […]

2017年08月26日 観測天文学

積分等級

星雲、星団や銀河など、広がった天体の全体の明るさを等級で表したもの。全等級(total magnitude)と呼ぶこともある。天体の輝度分布をすべて積分して求める。広がった天体は一般にその境界を観測的に定めるのが難しく、 […]

2017年08月26日 観測天文学

赤方偏移

一般に天体の発する光の波長が伸びて観測されることを、赤い側にずれるという意味で赤方偏移という。赤方偏移が起きる原因は三種類あり、それぞれ異なる名前で呼ばれている。 第1は、相手の天体が相対的に観測者から遠ざかっている場合 […]

2017年08月26日 観測天文学

青方偏移

天体から地球に届く光の波長が短くなって観測される現象。波長が長くなって観測される現象を赤方偏移というのに対して用いられる言葉。天体がわれわれの視線方向に近づいてくる運動をしているために起きるドップラー効果が原因である。実 […]

2017年08月26日 恒星

線幅

スペクトル線(輝線、吸収線)の線輪郭の幅のこと(線幅を形成する機構については、線幅拡大を参照)。線幅を表す量として、半値全幅(FWHM。半値幅ともいう)、1/10全幅、ゼロレベル全幅(FWZM)などが用いられる。半値全幅 […]

2017年08月26日 恒星

線幅拡大

吸収を起こすガス粒子の熱運動や周囲の粒子による擾乱でスペクトル線の幅が拡大すること。スペクトル線はガス粒子(原子や分子)の離散的なエネルギー準位間の遷移に起因する。しかし粒子のランダムな熱運動は、ドップラー効果によりスペ […]

2017年08月26日 恒星

線輪郭

波長(周波数)に対するスペクトル線の形を表した曲線。高い波長(周波数)分解能で観測を行うと、スペクトル線の本来の輪郭が観測可能となり、恒星大気で形成される吸収線については、ドップラー部と減衰部、回転の効果などを見分けるこ […]

2017年08月26日 観測技術

世界座標システム

天体の天球上の位置(天球座標系)やスペクトルの波長など、物理的な測定値からなるパラメータ空間の中の座標のことを世界座標(world coordinate)と呼び、世界座標とFITS形式データ中のデータ配列の各データ値を対 […]

2017年08月26日 恒星

絶対等級効果

星の光度によるスペクトルの違い。スペクトル線幅は大気の密度によって大きく変化し、たとえばA型星に顕著にみられる水素のバルマー線は、表面重力が高く大気の密度も高い主系列星では幅が広くなり、逆に超巨星では細くなる。これを利用 […]

2017年08月26日 恒星

成長曲線

スペクトル中の吸収線の強度が、その線を形成する元素の存在量の増大にともなって増加する様子を示す曲線。通常は元素の存在量の対数を横軸に、スペクトル線の強度(等価幅)の対数を縦軸にとって表す。恒星大気においては、弱い吸収線は […]

2017年08月26日 観測天文学

赤化

星間赤化を参照。

2017年08月26日 観測天文学

赤外線

波長が1 μm から400 μm 程度の範囲にある電磁波の名称。さらにこの波長範囲で、波長が短いもの(1-3 μm)、中間のもの(3-40 μm)、長いもの(40-400 μm)をそれぞれ、近赤外線、中間赤外線、遠赤外線 […]

2017年08月26日 観測天文学

赤外線源

赤外線を放射するさまざまな天体の総称。その中で広がりが分解できないほど小さく、点状に見えるものを特に赤外線点源と呼ぶ。

関連画像