天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ザイデル収差

 

よみ方

ざいでるしゅうさ

英 語

Seidel aberrations

説 明

レンズや鏡の形状により生じる光学収差には数学的な考察から、球面収差コマ収差非点収差像面湾曲歪曲という5つの基本的なパターンがあることが1857年のザイデル(L. von Seidel)の研究で示された。波面収差W を瞳座標 (\rho, \theta)と入射角\alphaで多項式展開すると、3次までの展開式は
 W = B\rho^4 + F\alpha\rho^3 \cos\theta + C\alpha^2 \rho^2 \cos^2\theta + D\alpha^2\rho^2 + E\alpha^3\rho \cos\theta
となる。この5つの項をザイデルの五収差と呼ぶ。B, F, C, D, Eをそれぞれ球面収差係数、コマ収差係数、非点収差係数、像面湾曲係数、歪曲係数と呼ぶ。

2018年04月24日更新

関連画像