天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

航海暦

 

よみ方

こうかいれき

英 語

Nautical Almanac

説 明

天体暦を基にして船の航海のために便利なように編纂した暦。天球上における星、月、太陽などの日々の位置が記載され、時しん儀(クロノメーター)・六分儀とともに天文航法に用いる。日本では、海上保安庁海洋情報部が発行する『天測暦』と『天測略暦』がある。以前は「船舶安全法」に基づいて定められた国土交通省令「船舶設備規程」により、外洋を航海する船舶はこれらを備えておくことが義務づけられていたが、全地球測位システム(GPS)の普及によって、2002年に義務対象から外された。

2018年04月22日更新

関連画像

航海暦
天測暦(提供:海上保安庁ホームページ)
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/
天測略暦(提供:海上保安庁ホームページ)
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/