天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

隕石

中

よみ方

いんせき

英 語

meteorite

説 明

宇宙から地球に落下してきた岩石。多くは小惑星のかけらであるが、大気中で燃え尽きなかった流星のかけらもある。小惑星には太陽系誕生の初期の情報が残されているので隕石は重要な研究対象である。隕石は、鉄とケイ酸塩鉱物の割合によって、石質隕石コンドライトエコンドライトの2種類)、石鉄隕石鉄隕石(隕鉄ともいう)に大別され、地球への落下頻度は、コンドライト86%、エコンドライト8%、石鉄隕石1%、鉄隕石5%程度である。

2018年03月06日更新

関連画像