天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

K補正

 

よみ方

けーほせい

英 語

K-correction

説 明

遠方の銀河に対する距離指数には、K補正、E補正、減光補正の3つの補正項が必要となる。K補正は、異なる赤方偏移の銀河のスペクトルエネルギー分布を比較する際に、観測波長に対応する静止波長が赤方偏移に依存するため、天体の予想されるスペクトルの形状を用いてこれらの波長の違いによる影響を補正する項である。E補正は、時間を遡ることにより銀河に含まれる星の年齢が若くなり、銀河全体のスペクトルが進化する影響を補正する項、減光補正は、星間吸収による減光量を補正する項である。E補正も参照。

2018年03月23日更新

関連画像