天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

大赤斑

高

よみ方

だいせきはん

英 語

Great Red Spot

説 明

木星の南半球にある巨大な大気渦。東西に26,000 km、南北に14,000 kmの広がりを持ち、地球をすっぽり呑み込む大きさである。南半球にあって反時計回りの回転を示すこと、赤外線での観測によると周囲より温度が低いことなどから、周囲より高い高度にある高気圧渦であると考えられる。1665年にカッシーニ(G.D. Cassini)が観測したという記録があり、300年以上にわたって安定に存在している可能性がある。より詳細な観測が行われるようになって以降、大赤斑の経度は変化しているが緯度はほとんど変化していない。その構造や赤っぽい色の成因については、まだよくわかっていない。

2018年03月19日更新

関連画像

木星の大赤斑。ボイジャー1号が1979年に撮影したもの。(NASA)
https://www.jpl.nasa.gov/spaceimages/details.php?id=PIA01509
木星の大赤斑(NASA)
https://www.nasa.gov/mission_pages/juno/images/index.html