天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

恒星

小

よみ方

こうせい

英 語

star(fixed star)

説 明

天体内部の核融合によりエネルギーを作りだし、自ら輝いている天体。みかけの相対位置や明るさがほとんど変わらないことから、月や惑星と区別して恒星と名づけられたが、実際には固有運動をもち、大きな明るさの変化を示すものもある。太陽も恒星の一つである。たいていは水素とヘリウムを主体とするガス球であり、その中心で進化段階に応じてさまざまな核融合反応が起こっている。恒星の進化を参照。

2019年09月17日更新

関連画像

すばる望遠鏡と北の空に輝く星たち。国立天文台ハワイ観測所 藤原英明氏撮影(クレジット:国立天文台)
https://www.subarutelescope.org/Gallery/j_starrynights.html
恒星と惑星と衛星。天文学辞典オリジナル。