天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

計算格子

 

よみ方

けいさんこうし

英 語

computational grid

説 明

差分法を用いて偏微分方程式を解くときに、物理量を割り当てる点の集まり。偏微分方程式の差分法では、空間に連続して分布する物理量を、細かい点に分割して計算する。この点は通常網の目のように分布しているので、点の集まりを計算格子と呼び、点を格子点と呼ぶ。密度や速度などの物理量を格子点に割り当て、格子点上の物理量を更新することによって計算を進める。計算格子が細かいほど、解の解像度は増え、解の精度も向上する。計算方法によって計算格子の選び方はさまざまである。構造格子千鳥格子直交格子直交非構造格子適合格子細分化法デカルト格子も参照。

2018年03月06日更新

関連画像