天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

連星ブラックホール

 

よみ方

れんせいぶらっくほーる

英 語

binary black hole

説 明

ブラックホールとブラックホールの連星系。巨大銀河の合体の産物である超大質量ブラックホールの連星系も考えられる。
ブラックホール連星系と同じ意味で通常の星とブラックホールとの連星系をいう場合もある。このような近接連星系では相手の星からの質量降着で強いX線が放射される。
2015年9月にLIGOにより初めて観測された重力波信号は、それぞれ太陽質量の数十倍のブラックホール-ブラックホール連星の合体に伴うものであったと解釈されている。

2018年03月11日更新

関連画像