天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

活動銀河

 

よみ方

かつどうぎんが

英 語

active galaxy

説 明

特に活動銀河核を持つ銀河を指して言う用語。代表的なものとしては、セイファート銀河電波銀河クェーサーとかげ座BL型天体などがある。詳細に観測すれば多くの銀河に大なり小なり活動性が認められるため、活動銀河とそうでない銀河の区別は曖昧である。銀河の中心にあるとされる大質量ブラックホールに周囲からガスが落ち込んで降着円盤が作られれば、活動銀河になると考えられている。スターバースト銀河や青色コンパクト銀河も活動銀河に含めることもある。

2018年08月17日更新

関連画像

*活動銀河核統一モデルの概念図。トーラスの存在のため、観測者の視線方向により見かけ上1型と2型の違いが生じる。
村山卓「活動銀河中心核の統一モデル」、シリーズ現代の天文学 第4巻、谷口・岡村・祖父江編『銀河I』第2版 4.5節 図4.15(日本評論社)