天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ロス卿

 

よみ方

ろすきょう

英 語

3rd Earl of Rosse: William Parsons

説 明

イギリスの天文学者(1800-1867)。本名はWilliam Parsons。大金属反射望遠鏡を作って、銀河の渦巻構造を発見した。英ダブリンのトリニティー大学とオックスフォード大学で数学を学んだ。アイルランドの広大な領地を相続した、第3代のロス卿。合金の金属鏡を研磨する技術を習得し、1847年に口径183 cmのリヴァイアサンと呼ばれた当時世界最大の反射望遠鏡をバー城に完成させた。当時、星雲と呼ばれた天体は、広がったガスか、それとも星に分解されるのかは、宇宙の大問題だった。リヴァイアサンを使って星雲を研究するうちに、M51星雲(銀河)の渦巻き模様を発見した。しかし、大望遠鏡で見てもオリオン星雲のように星に分解できないものもあったので、その後の論争を引き起こした。

2018年05月14日更新

関連画像

ロス卿
https://en.wikipedia.org/wiki/William_Parsons,_3rd_Earl_of_Rosse