天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2019年06月04日 装置・施設・データベース

インテグラル衛星

(INTErnational Gamma-Ray Astrophysics Laboratory) ヨーロッパ宇宙機関(ESA)が米国、ロシア、チェコ、ポーランドの協力のもとに2002年10月17日にカザフスタン・バイコ […]

2019年04月14日 理論

イベントホライズン

事象の地平線のこと。

2019年04月11日 装置・施設・データベース

EHT

イベントホライズンテレスコープの略称。

2019年04月11日 装置・施設・データベース

イベントホライズンテレスコープ

多数のミリ波・サブミリ波望遠鏡による地球規模の超長基線電波干渉計(VLBI)を構成して、ブラックホールのごく近傍、事象の地平線近くまでの画像を高い空間分解能で撮像し、ブラックホールの物理の解明を目指す国際研究プロジェクト […]

2018年08月12日 太陽系

イトカワ

はやぶさ探査機の詳細観測とサンプルリターンのターゲットになった小惑星。1998年に発見され1998 SF36の仮符号がつけられ、後に正式に登録されて、日本のロケット開発の先駆者である糸川英夫にちなんでイトカワ(25143 […]

2018年02月20日 装置・施設・データベース

ESO

ヨーロッパ南天天文台を参照。

2018年02月20日 観測天文学

イールド

収率を参照。

2018年02月20日 原子・分子過程

イオン化

電離を参照。

2018年02月20日 原子・分子過程

イオン化温度

電離温度を参照。

2018年02月20日 原子・分子過程

イオン化平衡

電離平衡を参照。

2018年02月20日 原子・分子過程

イオン化ポテンシャル

電離ポテンシャルを参照。

2018年02月20日 理論

イオンサイクロトロン波

電磁流体中を伝搬するアルベーン波の一種。電磁流体波動は、イオンのジャイロ周波数より低い周波数帯( )での波動であるが、背景磁場に平行方向に伝搬するアルベーン波では、左偏波のイオンサイクロトロン波と右偏波のホイッスラー波が […]

2018年02月20日 原子・分子過程

イオン-分子反応

気相中のイオンと分子との反応。 イオンが分子に接近すると、イオンによる電場で分子が分極して双極子モーメントが誘起される。 この誘起双極子とイオンとの間に働く引力ポテンシャルは距離の乗の依存性をもち、中性分子同士に働く引力 […]

2018年02月20日 観測技術

イギリス式架台

望遠鏡の赤道儀式架台形式の一種。極軸(赤経軸)が南北二か所のピアで支えられており、かつ望遠鏡筒が極軸と平行にオフセットして設置されているのが特徴。極軸周りの重量バランスをとるために、極軸と直交する赤緯軸上で、極軸に対して […]

2018年02月20日 観測技術

異常光線

複屈折を起こす材料の中を進む光のうち、光学軸に平行な偏光状態を持つ光。光学軸と傾いた方向に進むと、 光学軸の向きに進む時と異なる屈折率を持つ。ウォラストンプリズムも参照。

2018年02月20日 理論

位相空間

力学系の運動を記述する位置(または一般化された座標)と(それに共役な)運動量を座標とする空間。したがって3次元空間を運動する個の粒子の場合、位相空間は次元となる。数学で使われる位相空間(topological space […]

2018年02月20日 観測技術

位相クロージャー

電波干渉計において、閉曲線を形作るような基線間で取得されたビジビリティを用い、それらの位相を合成して得られる量。たとえば、素子アンテナA, Bで構成される基線が測定するビジビリティは、その基線に対し天体が作る真のビジビリ […]

2018年02月20日 観測技術

位相スイッチング

ヘテロダイン受信機を用いた電波干渉計において、周波数変換に用いる局部発振器信号に位相変調を加えるとともに、より下流側の中間周波数信号部以降で変調と対になる位相復調を行う操作のこと。中間周波数部で起こる混信の除去を目的とし […]

2018年02月20日 理論

位相速度

波動の山谷の形が進む速度のことで、周波数を 、波数を とすると、 で定義される。一方群速度は、 で定義され、波束の進む速度すなわち波のエネルギーを伝える速度となる。プラズマ中では、一様媒質でもローレンツ力が磁場に垂直方向 […]

2018年02月20日 観測天文学

位置-速度図

天球上で指定した線に沿ってスペクトルを並べ、一方の軸を線に沿った位置、他方の軸を波長ないし周波数とし、後者をドップラー効果による視線速度の違いとして表した2次元の強度分布図のこと。英語で位置はposition、速度はve […]

関連画像

NGC891-12CO-PV図
国立天文台野辺山45m電波望遠鏡で観測した、横向き銀河NGC891の銀河面に沿った一酸化炭素CO(1-0)輝線による位置ー速度図。横軸が銀河中心からの距離で、縦軸が視線速度。画像出典:Sakamoto et al., 1997, Astrophys. J. 475, 134
東京大学天の川望遠鏡を用いて観測したCO(2-1)輝線による天の川銀河の位置速度図(部分)。横軸は銀経、縦軸は視線速度。この図の場合、位置が銀経になっているので、特に、銀経-速度図と呼ぶ。画像出典:Yoda et al. (2010) Publ. Astron. Soc. Japan 62, 1277