天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

銀河計数

 

よみ方

ぎんがけいすう

英 語

galaxy counts

説 明

一定の空の方向に観測される銀河の数を指し、一般に1平方度の中にある銀河数を単位等級当たりの数(deg-2 等級-1)にして等級の関数として表す。観測される銀河計数は、膨張宇宙の単位共動体積に含まれる銀河の数で決まり、また共動体積は宇宙の密度パラメータ宇宙項に依存するので、これらの膨張宇宙パラメータを決定するのに用いられる。

2018年03月25日更新

関連画像

ハッブル宇宙望遠鏡によって撮像されたウルトラディープフィールドと呼ばれる宇宙の最深領域。約1万個に及ぶ多数の暗い銀河が写っている。
http://www.spacetelescope.org/science/deep_fields/