天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ウラノメトリア

 

よみ方

うらのめとりあ

英 語

Uranometria

説 明

1603年にドイツのバイエル(J. Bayer)によって出版された世界で初めての全天星図。バイエル星図と呼ばれることもある。掲載されている51枚の星座の絵の原図は銅板に刻まれたもの。51枚の星図は、まずそれまで知られていた48星座(プトレマイオス(C. Ptolemaeus)がアルマゲストに記していたもの)に1枚ずつをあて、49番目には天の南極周辺の新しい17星座をまとめ、最後の2枚に、北半球と南半球の天球図を描くという配置である。新しい17星座のうち、12星座は「バイエル星座」と呼ばれる。ウラノメトリアでは、各星座の明るい星から\alpha, \beta, \gamma, \cdotsとギリシャ文字(とアルファベット)を当てはめた(ただし当時の等級は、明るさに従って1等星から6等星までの6段階に分けただけの古典的なものであったので、現代の精密な等級の順でない場合もある)。これは後に、バイエル符号と呼ばれ、オリオン座\alpha星(\alpha Ori)などのように、恒星の正式な命名法に使われるようになった。

2018年03月12日更新

関連画像

ウラノメトリア1
ウラノメトリアの扉の絵
https://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:Uranometria_titlepage.jpg
ウラノメトリア2
ウラノメトリアのオリオン座の絵
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Uranometria_orion.jpg