天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

チチウス-ボーデの法則

 

よみ方

ちちうすぼーでのほうそく

英 語

Titius-Bode's law

説 明

太陽系惑星の軌道長半径の規則性に関する法則。1766年にドイツの天文学者チチウス(J.D. Titius)が発表したがあまり日の目を見ず、1772年にボーデ(J.E. Bode)が自著で紹介して有名になったため、ボーデの法則と呼ばれることも多い。この法則は以下の数列で表される。
a = 0.4 + 0.3 \times 2^n
ここで、aは天文単位で測った惑星の軌道長半径、nは惑星の番号だが、水星だけn=-\infty とすると、当時知られていた惑星のすべて(金星n=0、地球n=1、火星n=2、木星n=4、土星n=5)についてよく当てはまっていた。まもなく1781年に天王星が発見され、その軌道がn=6にほぼ当てはまっていたので話題となった。そこで、n=3に相当する天体の捜索が行われ、ほぼ予想通りの距離に小惑星ケレスが見つかった。しかし、その後発見された海王星はこの数列の予想から外れており、現在では、この法則に物理的根拠はなかったと考えられている。

2018年07月02日更新

関連画像