天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

N型星

 

よみ方

えぬがたせい

英 語

N-type star

説 明

ハーバード分類で化学組成の違いに対応する系列の低温度星。R型と共にC型(炭素型)と呼ばれる。CとOの原子数の比C/Oは太陽では∼0.5であるが、C型はC/O>1であるような低温の星である。C_2、CN、CH分子による吸収が強く、特にこれらの炭素化合物は短波長側で光を良く吸収するために、C型星は非常に赤くなる。R型星よりも低温である。1868年にセッキ(A. Secchi)により発見された。

スペクトル型(星の)を参照。

2019年09月23日更新

関連画像

星のスペクトル型。(粟野諭美・田島由起子・田鍋和仁・乗本祐慈・福江 純 共著『マルチメディア 宇宙スペクトル博物館<可視光編>天空からの虹色の便り』裳華房より引用)。
https://www.shokabo.co.jp/sp_opt/star/list/csp_s.jpg
* ハーバード分類の系列。安藤裕康「星の明るさと色」、シリーズ現代天文学第7巻、野本・定金・佐藤編『恒星』1.1節 図1.1(日本評論社)を改変。
炭素星のスペクトル。縦軸フラックス、横軸波長。数多くの炭素に関連した分子の吸収線がみえる。(A. Lançon - M. Mouhcine 2002, A&A 393, 167より引用)。
https://www.aanda.org/articles/aa/full/2002/37/aah2949/img32.gif