天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ホイヘンスの原理

高

よみ方

ほいへんすのげんり

英 語

Huygens principle

説 明

波の伝播の様子を説明する原理。波の位相の一定面、すなわち波面の各点から球面波(素元波あるいは2次波という)が放出され、それらが重ね合わされて、素源波の包絡面が新たな波面をつくり波が伝播するという説明。
この原理はオランダの物理学者ホイヘンス(C. Huygens)が1678年に発見したが、1836年、フランスの物理学者フレネル(O. J. Fresnel)が素源波の重ね合わせの重要性を指摘したことで、ホイヘンス-フレネルの原理とも呼ばれる。

2018年03月06日更新

関連画像