天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

フィードホーン

 

よみ方

ふぃーどほーん

英 語

feed horn

説 明

電波望遠鏡の給電系として使われているホーンアンテナのこと。ホーンアンテナとは、底面が開いている円錐状ないし角錐状の空洞となった金属製のアンテナで、入射した電波は頂点に集まり、そこに設置された素子で電気信号に変換される。種々の特性を改良するために途中で頂角が異なる錐を継ぎ合わせた形状のものや、内部に突起や凹凸を持つものなどが実用化されている。

2018年03月06日更新

関連画像