天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

慣性系の引きずり

 

よみ方

かんせいけいのひきずり

英 語

dragging of inertial frame

説 明

一般相対性理論において回転する重力源の周りの時空が遠方の慣性系に対して引きずられるように回転する効果。この効果のため回転する重力源に自由落下する観測者は無限遠で静止している観測者に対して回転方向に角速度を持つ。レンス-チュリング(Lens-Thirring)効果ともいう。この効果のため、回転するブラックホールの地平線の外側にエルゴ領域ができる。

2018年04月18日更新

関連画像