天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

デバイ長

 

よみ方

でばいちょう

英 語

Debye length

説 明

多数の荷電粒子がクーロン力のもとで運動しているプラズマにおいて、個々の荷電粒子のつくる電場の影響が及ぶ特徴的な距離。電子が温度T、密度nであるプラズマに対してMKSA単位系で
\lambda_{\rm De}=\left(\frac{\epsilon_0 k_{\rm B}T}{n e^2}\right)^{1/2}
で表される。ここで\epsilon_0は真空の誘電率、k_{\rm B}ボルツマン定数Tは温度、nは電子密度、e電気素量(素電荷)である。
荷電粒子の周りには反対符号の電荷をもった粒子が集まる傾向があるため、ある距離だけ離れると電場の影響が遮蔽される。この距離がデバイ長である。デバイ長よりも大きな空間スケールでは荷電粒子の運動は電場の影響をほとんど受けないとみなすことができる。

2019年09月05日更新

関連画像