天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

サイクロトロン周波数

 

よみ方

さいくろとろんしゅうはすう

英 語

cyclotron frequency

説 明

一様な磁場があるところに電子が入射してくるとローレンツ力を受けてらせん運動を行う。その運動の磁場に垂直な平面への射影は円運動になる。このとき、電子の電荷をe、質量をm、磁場の強さをBとすると円運動の振動数\nu\nu=eB/(2\pi m)となり、電子の円運動速度によらない値となる。これをサイクロトロン周波数またはラーモア周波数という。また、円運動の半径をラーモア半径という。ただし、電子の速度が大きくなり、運動エネルギーが大きくなると相対論的効果によって電子の実際の公転運動の周波数はサイクロトロン周波数からずれてくる。

2018年04月12日更新

関連画像

*磁場の周りの電子のらせん運動。この回転周波数がサイクロトロン周波数である。電子のらせん運動により電磁波が放射される。