天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

CAI

 

よみ方

しーえーあい

英 語

calcium-aluminum-rich inclusion

説 明

炭素質隕石に含まれる、アルミニウムとカルシウムに富む白色の包有物。Calcium-aluminium-rich inclusionの略語で、高アルミニウムカルシウム含有物とも呼ぶ。高温の原始太陽系円盤のガスから最初に凝縮した物質である。CAIは単一鉱物ではなく、スピネル、ペロブスカイト、アノーサイト(長石の一種)などの高温凝縮鉱物の集合体である。サイズは0.1 mmから1 cmを越えるものまであり、コンドリュールよりも大きなものがある。CAIの年代はコンドリュールよりも古くアエンデ隕石中では45.67億年を示すものが発見されている。難揮発性物質も参照。

2018年03月09日更新

関連画像