天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

有効アンテナ開口面積

 

よみ方

ゆうこうあんてなかいこうめんせき

英 語

antenna effective aperture

説 明

アンテナの物理的な面積(A_{\rm p})のうち、電波を受信するのに有効に使われる面積(A_{\rm e})をいう。A_{\rm p}に対するA_{\rm e}の比はアンテナ開口能率と呼ばれる。有効アンテナ開口面積が物理的な面積より小さい理由は、副鏡やそれを支える支柱(ステイ)によるブロッキング、アンテナのサイドローブを減らすために主鏡外周部に対する受信感度を減らすこと、主鏡などに鏡面誤差(凹凸)があること、主鏡の反射率が1より小さいことなどによる。アンテナの全ビーム立体角\Omega_\mathrm{A}および観測波長\lambdaとの間には、A_\mathrm{e} \Omega_\mathrm{A}=\lambda^2の関係がある。アンテナ開口能率も参照。

2018年04月20日更新

関連画像