天文学辞典 :ASJ glossary of astronomy | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2017年08月26日 観測天文学

VERA

国立天文台が運用している超長基線電波干渉計(VLBI)専用の電波望遠鏡およびそれを用いた観測プロジェクトのこと。名前は VLBI Exploration of Radio Astrometry に由来する。広域精測望遠鏡 […]

2017年08月26日 理論

平均運動共鳴

中心天体の重力を受けて楕円軌道を描く天体について、一周期で平均した公転角速度を平均運動と呼ぶ。中心天体の周りを公転する2つの天体の公転周期の比、したがって平均運動の比が1:2や2:3など簡単な整数比となっている状態(尽数 […]

2017年08月26日 理論

平坦性問題

宇宙のスケール因子の発展方程式に対する空間曲率項の寄与は、スケール因子の2乗に反比例して減少する。一方、エネルギー密度の寄与は放射優勢期はスケール因子の4乗、物質優勢期は3乗で減少する。宇宙創生後現在までに130億年以上 […]

2017年08月26日 理論

平坦な宇宙

空間曲率が至るところゼロで、ユークリッド幾何学が成り立つような宇宙のこと。 ロバートソン-ウォーカー計量においてとした場合に相当する。

2017年08月26日 理論

平均軌道要素

軌道要素を参照。

2017年08月26日 理論

ペンローズ時空図

相対論的な時空における因果関係を見やすくするために、光の世界線の傾きを常にに保ったまま 無限遠方を有限の距離に縮めた時空図。ペンローズ図から時間的世界線によって到達できる無限遠(未来、および過去時間的無限遠と)、光の世界 […]

2017年08月26日 理論

ベータ安定線

核図表で安定核(宇宙年齢よりも十分大きな半減期をもつ核種と考えてよい)が並ぶ曲線のこと。ベータ安定の谷とも呼ばれる。

2017年08月26日 原子・分子過程

ベータ崩壊

原子核からベータ線(電子)が放射される現象。 弱い力によって起きる原子核の放射性崩壊であり、原子核中の中性子が電子と反電子ニュートリノを放出して陽子に変わる崩壊、陽子が陽電子と電子ニュートリノを放出して中性子になる崩壊と […]

2017年08月26日 理論

平均自由行程

粒子や光子が1回散乱あるいは吸収されるまで進む距離の平均値。標的の個数密度を 、標的の散乱断面積を とすると、平均自由行程は で与えられる。

2017年08月26日 観測天文学

べき関数型スペクトル

変数に対する分布関数がの形になる分布。の値をべき指数という。たとえば宇宙線のエネルギー()分布はの範囲でほぼに比例して急激に減少するべき関数型スペクトルを示す。光子指数も参照。

2017年08月26日 観測天文学

ベータトロン加速

1940年カースト(D. Kerst)によって開発された、磁場を変化させて生じる誘導起電力によって電子を加速する加速器がベータトロンであるが、同じ原理で、天体において変化する磁場により電子が加速される機構をベータトロン加 […]

2017年08月26日 銀河・銀河団

ベータモデル(銀河団ガスの)

銀河団ガスの密度分布を表す一般的なモデル。球対称、等温、静水圧平衡を仮定して導かれる。銀河団中心からの半径の関数としてガス密度 が となる。ここで、 は中心におけるガス密度、 はコア半径と呼ばれる量で、ガスの広がりを表す […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

ベリタスガンマ線望遠鏡

ホイップルガンマ線望遠鏡の後継として、アメリカを中心とした国際共同実験チームが米アリゾナのホイップル天文台のベースキャンプ(標高1268 m)に建設し、2007年から観測を開始した12 m望遠鏡4台による大気チェレンコフ […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

ヘスガンマ線望遠鏡

ドイツやフランスを中心とした国際共同実験として、2003年からアフリカのナミビアの高地(海抜1800 m)で高エネルギーガンマ線の観測を開始した12 m望遠鏡4台による大気チェレンコフ望遠鏡システム。複数台によるチェレン […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

ヘール望遠鏡

1928年にロックフェラー財団から受けた600万ドルの資金援助により、パロマー天文台に建設された口径200インチ(508cm)の望遠鏡。資金獲得に尽力した天文学者ヘール(G.E. Hale)の名前がつけられた。最近では「 […]

2017年08月26日 恒星

変光星

明るさが変化する恒星の総称。変光の原因によっていくつかに分類される。星自身が膨張したり収縮したりすることで変光する脈動変光星、フレア活動によるフレア星、爆発的な現象による激変星、星の周囲の現象に関連するTタウリ型星等があ […]

2017年08月26日 理論

平行平面大気

恒星大気モデル計算で用いられる仮定の一つで、恒星大気をほぼ平面とみなすもの。太陽のような星では大気の厚みは恒星半径に対して小さく、平面とみなすことが可能である。これにより放射輸送の方程式が著しく簡素化される。この仮定は、 […]

関連画像