天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

N

2019年06月07日 装置・施設・データベース

NuSTAR

ニュースター衛星を参照。

2018年02月20日 原子・分子過程

Na D線

中性ナトリウム原子により吸収あるいは放出される可視光域のスペクトル線。 D1(589.594nm)とD2(588.997nm)の2本がある。ドイツの物理学者フラウンホーファー (J. von Fraunhofer)は太陽 […]

2018年02月20日 装置・施設・データベース

NED

カリフォルニア工科大学のジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)がアメリカ航空宇宙局(NASA)の協力のもとに運用している、天の川銀河(銀河系)外の天体(銀河、銀河団、活動銀河核など)に関 […]

2018年02月20日 理論

NFWプロファイル

ナバーロ(J.F. Navarro)、フレンク(C.S. Frenk)、ホワイト(S.D. M. White)の3人が1996年に提唱したダークマターハローが持つ普遍的な密度分布プロファイルの名前であり、3名の頭文字を取 […]

2018年02月20日 理論

N体シミュレーション

N個の粒子からなる重力多体系の運動方程式は と記述される。ここで , は粒子 の質量と位置、 は万有引力定数である。この運動方程式には一般的にN>2では解析解が存在しない。そこで運動方程式を数値的に解く必要がある。数値的 […]

2018年02月20日 理論

N体問題

重力で相互作用する多数の粒子からなる系を重力多体系と呼ぶ。重力多体系の運動を考える問題がN体問題である。多体問題ともいう。天文学では惑星リング、惑星系、星団、銀河、銀河団などが重力多体系と近似でき、その進化がN体問題とし […]

2017年08月26日 観測天文学

NEP

1. 雑音等価電力(Noise Equivalent Power)参照。 2. 北黄極(North Ecliptic Pole)のこと。黄道座標系を参照。

2017年08月26日 装置・施設・データベース

NASA

アメリカ航空宇宙局を参照。

2017年08月26日 装置・施設・データベース

NASA赤外線望遠鏡施設

アメリカ航空宇宙局(NASA)の惑星探査ミッションの支援と惑星科学の研究を目的として1979年に建設された口径3.0mの赤外線専用望遠鏡。高い赤外線性能の実現のため、水蒸気量が少ないなど好観測条件のハワイ島マウナケア山頂 […]

2018年02月20日 装置・施設・データベース

NGCカタログ

デンマーク生まれでアイルランドで活動した天文学者ドレイヤー(Jhon Dreyer)が1888年に発表した、星団、星雲、銀河など、見かけの様子が単独の恒星とは異なる天体の天球上での位置と様相を示したカタログ。 タイトルと […]

2018年02月20日 装置・施設・データベース

NOAO

アメリカ国立光学天文台を参照。

2018年02月20日 装置・施設・データベース

NRAO

アメリカ国立電波天文台を参照。

2018年02月20日 装置・施設・データベース

NSO

アメリカ国立太陽天文台を参照。

2018年02月20日 恒星

N型星

ハーバード分類で化学組成の違いに対応する系列の低温度星。R型と共にC型(炭素型)と呼ばれる。CとOの原子数の比C/Oは太陽では∼0.5であるが、C型はC/O>1であるような低温の星である。C、CN、CH分子による吸 […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

NTT

新技術望遠鏡を参照。

関連画像