天文学辞典 | 天文に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

ショット雑音

 

よみ方

しょっとざつおん

英 語

shot noise

説 明

粒子検出器や電子回路において、計測される粒子数が少ない場合、その数はポアソン分布に従って統計的に変動するため、そのゆらぎが計数における雑音となる。これがショット雑音である。ポアソン分布のゆらぎの標準偏差は粒子数の平均値Nの平方根に比例するため、信号対雑音比N/\sqrt{N}=\sqrt{N}で表される。ショットノイズ、あるいは散弾雑音ということもある。

2018年12月10日更新

関連画像