天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

無境界仮説

 

よみ方

むきょうかいかせつ

英 語

no boundary hypothesis

説 明

量子宇宙論において、ホイーラー-ドウィット方程式を解いて宇宙の波動汎関数を求める際、用いるべき境界条件として、ハートル(J. Hartle)とホーキング(S. Hawking)が提案した条件。波動汎関数を経路積分表示し、その積分域として波動汎関数の引数以外には境界を持たないすべてのコンパクトな多様体に関して経路積分せよ、という意味を持つ。

2018年03月06日更新

関連画像