天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

IRAS衛星

 

よみ方

あいらすえいせい

英 語

Infrared Astronomical Satellite(IRAS)

説 明

波長12, 25, 60, 100 μm の4つの赤外線バンドで全天を高感度で探査(サーベイ)することを主な目的とした赤外線衛星。アメリカ、オランダ、イギリスの共同で開発され、1983年1月25日に高度約900 kmの太陽同期軌道に打ち上げられた。口径60cmの望遠鏡全体が液体ヘリウム冷却の容器に収められていたが、1983年11月25日に液体ヘリウムが枯渇して約10か月間の観測を終了した。全天の約96%を探査して宇宙の赤外線地図を作成し、検出された約25万の点源状の赤外線源がIRAS点源カタログ(Point Source Catalog)として公開された。
微光天体カタログ(Faint Source Catalog)や小構造天体カタログ(Small-Scale Structure Catalog)もある。サーベイ検出器に加えて低分散分光器(LRS; Low Resolution Spectrometer)を持ち、波長8-22 μm のスペクトルカタログ(LRS Catalog: 約5400天体)も公開した。以降の赤外線天文学に大きな影響を与えた。
ホームページ:http://lambda.gsfc.nasa.gov/product/iras/

2018年03月21日更新

関連画像

IRAS衛星の想像図(NASA)
https://lambda.gsfc.nasa.gov/product/iras/