天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

イオンサイクロトロン波

 

よみ方

いおんさいくろとろんは

英 語

ion-cyclotron wave

説 明

電磁流体中を伝搬するアルベーン波の一種。電磁流体波動は、イオンのジャイロ周波数\Omega_cより低い周波数帯(\omega \ll \Omega_c )での波動であるが、背景磁場に平行方向に伝搬するアルベーン波では、左偏波のイオンサイクロトロン波と右偏波のホイッスラー波が縮退している。周波数が高くイオンのジャイロ周波数に対して無視できなくなり分散性が現れるあたりから、ホイッスラー波とイオンサイクロトロン波を区別して取り扱う。イオンサイクロトロン波は、イオン慣性長より短波長ではイオンのジャイロ周波数に漸近した波動となる。しかし通常の有限温度のプラズマ中ではサイクロトロン共鳴によりイオンのジャイロ周波数近くの波動は減衰する。ジャイロ運動も参照。

2018年03月06日更新

関連画像