天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

等価幅

 

よみ方

とうかはば

英 語

equivalent width

説 明

スペクトル線の強度を連続光強度との比較で表す観測量。連続スペクトルの下(吸収線の場合)あるいは上(輝線の場合)にあるスペクトル線輪郭の面積を連続光強度で割った値。すなわち、線輪郭と同じ面積を持つ連続光の幅が等価幅である。成長曲線も参照。

2018年04月12日更新

関連画像

*規格化されたスペクトルと等価幅の定義。
竹田洋一「恒星の大気とスペクトル」、シリーズ現代の天文学第7巻、野本他編「恒星」2章 図2.7(日本評論社)