天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

成長曲線

 

よみ方

せいちょうきょくせん

英 語

curve of growth

説 明

スペクトル中の吸収線の強度が、その線を形成する元素の存在量の増大にともなって増加する様子を示す曲線。通常は元素の存在量の対数を横軸に、スペクトル線の強度(等価幅)の対数を縦軸にとって表す。恒星大気においては、弱い吸収線は元素の存在量に比例して等価幅が増大するが、やがて中央部では吸収が飽和することにより等価幅の増大は鈍る。さらに元素の存在量が増すと、スペクトル線の減衰部の寄与が増大することにより、再び等価幅が増大する。これを利用して恒星大気の組成解析を行うことができる。線輪郭フォークト輪郭も参照。

2018年04月18日更新

関連画像

*成長曲線の例。
竹田洋一「恒星の大気とスペクトル」、シリーズ現代の天文学第7巻、野本他編「恒星」2章 図2.8(日本評論社)