天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

非球面係数

 

よみ方

ひきゅうめんけいすう

英 語

aspheric coefficient

説 明

回転対称な2次曲面からなるレンズや鏡面の形状は、光軸をz軸、x,y軸を鏡面上にとり、鏡の頂点での曲率半径をrとすると
z =\frac{x^2+y^2}{2r} +\frac{(1+b)(x^2+y^2)^2}{8r^3}+\cdots
と表すことができる。ここでbは球面からのずれを表す量で、これを非球面係数と呼ぶ。b=0 なら球面、b=-1 なら放物面、b-1 なら双曲面、-1b0 なら長軸周りの楕円面、b0 なら短軸周りの楕円面を表す。非球面係数自体は近軸球面からのずれを記述する量なので、近軸系のガウス光学には影響しないが、収差には大きな影響を与える。

2018年04月23日更新

関連画像