天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

H

2018年02月20日 観測天文学

HⅠガス

中性水素原子ガスのこと。天文学では元素記号Xの中性ガスには添え字Ⅰを付けてXⅠと記し、1階電離、2階電離したガスに対してはそれぞれ、XⅡ、XⅢというようにして表す慣用がある。したがって、 HⅠガスは中性水素原子のガスを指 […]

2018年02月20日 観測天文学

H2ガス

水素分子からなるガスのこと。星間分子ガスは水素分子が主成分となっているため、星間分子ガスの代名詞として、この言葉を用いることもある。

2018年02月20日 星間物質と星形成

HⅡ領域

天文学では元素記号Xの中性ガスには添え字Iを付けてXIと記し、1階電離、2階電離したガスに対してはそれぞれ、XII、XIIIというようにして表す慣用がある。従って、水素ガスが電離している領域のことをHⅡ領域と呼ぶ。 電離 […]

2018年02月20日 星間物質と星形成

HH天体

ハービッグ-ハロー天体を参照。

2018年02月20日 原子・分子過程

HK線

1階電離したカルシウムイオン起源のスペクトル線で、太陽の分光スペクトルで観測されるフラウンホーファー線の中で最も強く幅の広い共鳴2重線。H線やK線の名前はフラウンホーファー(J. von Fraunhofer)が命名した […]

2017年08月26日 観測技術

HEMT

高電子移動度トランジスタを参照。

2017年08月26日 装置・施設・データベース

HETE-2

ガンマ線バーストの検出およびその発生位置決定のために、アメリカ、日本、フランス、イタリアの協力により2000年9月に打ち上げられた多波長観測衛星。軟X線カメラ(0.5-14 keV)、広視野 X線モニター(2-25 ke […]

2018年02月20日 銀河・銀河団

HⅠ欠乏銀河

中性水素(HI)原子ガスが欠乏した渦巻銀河のこと。銀河団の中心に近い渦巻銀河ぼどHIガスが欠乏していることが確認されている。銀河団に渦巻銀河が落下してきた場合、銀河団ガスからの動圧によって銀河ガスのはぎ取りがおこるため、 […]

2018年02月20日 装置・施設・データベース

H-IIAロケット

現在の日本の人工衛星の打ち上げに用いられる主力大型ロケットで、日本初の純国産H-IIロケットの改良型。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した。1段目と2段目ともに液体燃料ロケットエンジン(LE-7A、 LE-5B)を […]

2018年02月20日 観測技術

HDS

すばる望遠鏡に搭載された、エシェル分光器のこと。High Dispersion Spectrographの頭文字をとって命名された。 製作メーカーはニコン。装置全体の大きさは、重量は約6 tであり、すばる望遠鏡搭載観測装 […]

2018年02月20日 装置・施設・データベース

HD星表

ヘンリードレーパー星表を参照。

2018年02月20日 観測技術

HPBW

ビーム半値幅を参照。

2018年02月20日 観測天文学

HR図

恒星のスペクトル型と光度(絶対等級)の分布図。縦軸を絶対等級(上が明るい)、横軸をスペクトル型(右が低温)にとる。この図を考案したヘルツシュプルング(E.Hertzsprung)とラッセル(H. N. Russell)の […]

2018年02月20日 装置・施設・データベース

HST

ハッブル宇宙望遠鏡を参照。

2018年02月20日 原子・分子過程

H𝛂線

水素原子が放射するバルマー線(バルマー系列を参照)のうち、主量子数n=3とn=2のエネルギー準位のあいだを電子が遷移するときのスペクトル線である(n=3からn=2への遷移では輝線、n=2からn=3の遷移では吸収線)。可視 […]

2017年08月26日 太陽

H𝛂グレイン

太陽の彩層に見られるネットワーク構造の内側にH𝛂線で観測される暗点。この暗点は、H𝛂線の中心波長から0.6Å程度だけ短波長側で観測されることから、音速が10 km s-1程度の彩層内を超音速で上昇する構造である。この暗点 […]

2017年08月26日 装置・施設・データベース

HET

ホビー-エバリー望遠鏡を参照。

関連画像