天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

均時差

高

よみ方

きんじさ

英 語

equation of time

説 明

視太陽時平均太陽時の差。均時差=視太陽時ー平均太陽時で定義される。均時差は2月中旬に最小値(約-15分)、11月初旬に最大値(約+16分)となる。また年に4回、4月15日、6月14日、9月1日、および12月25日に0となる。アナレンマも参照。

2018年09月16日更新

この用語に対するご意見・ご要望をお寄せください。

    関連画像

    *均時差。横軸は年初から数えた日数。
    片山真人「天体位置の表現」、シリーズ現代の天文学 第13巻、福島登志夫編『天体の位置と運動』第2版 2章 図2.1(日本評論社)