天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

New

2021年05月09日 人名

田中春夫

日本の天文学者(1922-1985)。日本における電波天文学研究のパイオニアの一人で、マイクロ波帯での太陽電波研究の世界的権威と評された。愛知県豊川市にあった名古屋大学空電研究所で多素子電波干渉計を世界に先駆けて開発し、 […]

2021年01月12日 装置・施設・データベース

WFIRST

ローマン宇宙望遠鏡を参照。

2020年04月07日 人名

タマン

グスタフ・タマン(Gustav Tammann; 1932-2019)はドイツ生まれの天文学者。ゲッチンゲンに生まれ、第二次世界大戦中はババリア地方などに住んだが終戦後母親の生まれ故郷であるスイスのバーゼルに戻った。バー […]

2018年12月22日 理論

Wボソン

自然界に存在する四つの力(相互作用)は、どれもフェルミ粒子(フェルミオン)間にボース粒子(ボソン)が交換されることで引き起こされる。Wボソンは弱い力(弱い相互作用)媒介するスピン1で の電荷をもったボーズ粒子。正の電荷を […]

2018年12月12日 時と暦

太陽日

太陽日とはいわゆる「1日」のことである。視太陽時あるいは真太陽時で測った1日、すなわち太陽が一度南中してから次に南中するまでの時間を視太陽日あるいは真太陽日と呼び、季節によらず一様な時刻系である平均太陽時で測った1日を平 […]

2018年10月06日 時と暦

タイムゾーン

共通の標準時を使う地域全体のこと。地方時、標準時を参照。  

2018年03月11日 太陽

太陽フレア

フレアを参照。

2018年03月02日 観測天文学

多波長天文学

電磁波の全ての波長による観測から天体現象を多面的に解明する天文学。観測の角度分解能や感度においては長い間、可視光観測が他の波長帯の観測を大きく凌いでいたが、1980年代頃から次第に可視光以外の波長による観測の感度と分解能 […]

2018年02月21日 太陽系

太陽系

太陽とその周りを周回する天体で構成されている系で、今から約46億年前に形成された。8個の惑星(水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星)と、その周囲を回る衛星とリング粒子、さらに小惑星、彗星、太陽系外縁天体、惑 […]

2018年02月21日 太陽

太陽ニュートリノ問題

太陽中心部で起こる熱核反応に伴って生成する(電子型)ニュートリノの量の理論値と観測値とが合わないという問題。太陽からやって来るニュートリノは米国のデービスの実験や、日本のカミオカンデとスーパーカミオカンデなどで検出された […]

2018年01月15日 銀河・銀河団

大小マゼラン銀河

マゼラン銀河を参照。

2018年01月15日 銀河・銀河団

大マゼラン銀河

大マゼラン雲を参照。

2017年11月10日 理論

タウニュートリノ

ニュートリノを参照。

2017年11月07日 装置・施設・データベース

DAMPE衛星

Wukong衛星を参照。

2017年09月25日 天文学史

大論争

1920年4月26日にアメリカの現スミソニアン自然史博物館の建物で行われたアメリカ国立科学院の年会で, シャプレーとカーチスが宇宙の大きさに関して当時の二つの考え方を代表して行った公開討論会。 後にその記録が両者が書いた […]

2018年02月20日 装置・施設・データベース

WMAP衛星

宇宙背景放射の異方性を測定するために2001年に打ち上げられたアメリカの人工衛星。背景放射の研究者David Wilkinsonにちなんで、Wilkinson Microwave Anisotropy Probeと名付け […]

2017年10月22日 観測天文学

太陽運動

天の川銀河内の天体は、第1近似としてその中心の周りを一定速度で円運動していると考えられる。太陽位置で、この運動を示す仮想点を局所静止基準(LSR)と呼び、これに対して太陽系が持つ運動のずれを太陽運動といい、その方向を太陽 […]

2017年10月22日 観測天文学

太陽向点

太陽運動の方向。太陽の周りの星々は平均的な動きとして天の川銀河の中心の周りをほぼ円運動している。これを完全な円軌道で近似したとき、その円運動する仮想の天体を局所静止基準(LSR)と呼ぶ。それに対する太陽の運動を太陽運動と […]

2017年08月26日 太陽系

炭素質隕石

炭素質コンドライトを参照。

2017年08月26日 太陽系

炭素質コンドライト

石質隕石のうち、有機物などさまざまな化合物の形で炭素原子を含むコンドライトを指す。化学組成や酸素同位体組成に基づき、CI, CM, CO, CV, CR, CK, CHに分類される。コンドリュールのほかに、太陽系初期の高 […]

関連画像

http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/chisitsu/inse/mur/index.html