天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ウォルフ

 

よみ方

うぉるふ

英 語

Wolf, Charles Joseph Etienne

説 明

フランスの天文学者(1827-1918)。高等師範学校を卒業して教職に就きモンペリエ大学教授になった。1862年パリ天文台に入所、初期には天文時計の改良、子午線観測に携わる。後にライエ(G. Rayet)と協力して恒星のスペクトル観測を始めた。新星スペクトル中に輝線を検出、1867年には最初のウォルフ-ライエ星を発見した。また、水星の太陽面通過の観測、プレアデス星団カタログの作成、『パリ天文台の歴史』(1902年)の執筆でも知られている。

2018年03月10日更新

関連画像