天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

冬至

小

よみ方

とうじ

英 語

winter solstice (for northern hemisphere), December solstice

説 明

黄道上で太陽の黄経(黄道座標系を参照)が270度になる時刻。この時刻を含む日(冬至日)も一般には冬至とよばれている。12月22日頃で二十四節気の一つである。日本(北半球)では冬至の日に太陽の南中高度が最も低くなり、昼の時間が最も短くなる。二至二分も参照。

2019年10月21日更新

関連画像

* 二至二分と季節変化の解説図。日本(北半球の中緯度)では、太陽の南中高度は冬至の頃に最も低く、夏至の頃に最も高くなる。