天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ホイップルガンマ線望遠鏡

 

よみ方

ほいっぷるがんませんぼうえんきょう

英 語

Whipple Gamma-ray Telescope

説 明

アメリカなどのグループがガンマ線天文学のために米アリゾナのホプキンス山(標高2320 m)のホイップル(Fred Lawrence Whipple)天文台に建設した口径10 mの大気チェレンコフ望遠鏡。1968年から観測を開始したが、なかなかガンマ線信号をとらえることはできなかった。チェレンコフ光の構造をとらえる解像型カメラが開発、設置され、荷電宇宙線ガンマ線の識別が可能になった。これにより、建設から20年余り後の1989年に、かに星雲がTeV(=10^{12}\,{\rm eV})ガンマ線天体であることを初めて確認した。

2018年03月14日更新

関連画像

ホイップルガンマ線望遠鏡
https://veritas.sao.arizona.edu/whipple-10m-topmenu-117