天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

ホイップル

 

よみ方

ほいっぷる

英 語

Whipple, Fred Lawrence

説 明

アメリカの天文学者(1906-2004)。アイオワ州生まれ。1931年にカリフォルニア大学で天文学の学位を取得した。ハーバード大学天文台に入所し、流星の研究を行い彗星小惑星を発見した。1955年からスミソニアン天体物理学研究所の所長を務めた。主要業績は太陽系小天体の研究である。特に1950年に提唱した彗星の「汚れた雪玉モデル」は、その後のスペースおよび探査機による彗星観測によって広く支持されている。

2018年06月20日更新

関連画像

https://en.wikipedia.org/wiki/Fred_Lawrence_Whipple