天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

水チェレンコフ検出器

 

よみ方

みずちぇれんこふけんしゅつき

英 語

water Cherenkov detector

説 明

水中で荷電粒子が放出するチェレンコフ光光電子増倍管などの光センサーでとらえる粒子検出器。水の屈折率は波長400 nmの光に対し1.34であるため、水中をほぼ光速で走る荷電粒子からは半頂角 \cos^{-1}(1/1.34)=42 度の円錐状にチェレンコフ光が放出される。カミオカンデスーパーカミオカンデピエールオージェ実験も参照。

2018年12月12日更新

関連画像

原子炉冷却水中に見られるチェレンコフ光。
https://www.flickr.com/photos/35734278@N05/3954062594/