天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

VERA

 

よみ方

べら

英 語

VERA

説 明

国立天文台が運用している超長基線電波干渉計VLBI)専用の電波望遠鏡およびそれを用いた観測プロジェクトのこと。名前は VLBI Exploration of Radio Astrometry に由来する。広域精測望遠鏡ともいう。鹿児島大学も運用に協力している。2003年より本格観測を開始した。水沢(岩手県奥州市)、入来(鹿児島県薩摩川内市)、小笠原(東京都小笠原村)、石垣島(沖縄県石垣市)の4局に設置された、口径20 mのアンテナ4基からなり、周波数2 GHz、8 GHz、22 GHz、43 GHzで観測できる。10\mu秒角という高い精度で電波天体の方向を精密に測り、年周視差固有運動を測定することで、対象天体の位置と運動を調べる。水分子が放つ22 GHzのメーザー輝線が主に用られており、これを放つ星形成領域晩期型星が観測対象である。これによって、天の川銀河銀河系)の立体構造と3次元運動を求めることが主たる科学目標である。地球大気の影響を除去するため、運動が観測される恐れがないクェーサー天球上の位置基準とする観測手法を採用しており、クェーサーとメーザー源とを同時に観測するために、天球上で0.3度~2.2度離れた2天体を同時に受信できる特殊な光学系を持つ。
ホームページ:http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/index-J.html

2019年02月06日更新

関連画像

VERAを構成する4局(国立天文台)
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/system/index.html
VERA石垣島局のアンテナ(国立天文台)
http://veraserver.mtk.nao.ac.jp/network/ant_ishigaki.html