天文学辞典 | 天文用語をわかりやすく解説

アンシャープマスキング

 

よみ方

あんしゃーぷますきんぐ

英 語

unsharp masking

説 明

画像の微細構造(高周波成分)を強調するために使われる画像処理の技法。原画像をピンぼけ状態にぼかした画像(アンシャープマスク)を原画像から差し引くことで、微細構造が強調される。写真の場合は、アンシャープマスクを原画像とネガポジ反転させて重ねて焼き付ける。マスクのピンぼけ状態の度合いを変えることで、強調される微細構造の細かさを変化させることができる。

2018年03月06日更新

関連画像

アンシャープマスキング
オリオン大星雲(M42)のアンシャープマスキング処理
原画像(東京大学木曽観測所の105 cmシュミット望遠鏡で撮影)
アンシャープマスキング
アンシャープマスキング処理をしたもの