天文学辞典 | 天文、宇宙、天体に関する用語を3000語以上収録。専門家がわかりやすく解説します。

2MASS

 

よみ方

つーます

英 語

2MASS (Two Micron All Sky Survey)

説 明

3つのバンド、J (波長1.25 μm)、H (1.6 μm)、Ks (2.17 μm)で行われた、近赤外線波長域における初の全天サーベイ観測プロジェクト。2 Micron All Sky Survey(2ミクロン全天サーベイ)の頭文字からこの名前で呼ばれる。1997-2000年にかけて米国アリゾナ州のホプキンス山天文台と、チリのセロトロロ汎米天文台の望遠鏡を使って行われた。莫大な数の赤外線点源と広がった赤外線源が検出された。約5億個の星を含む点源カタログ(Point Source Catalog: PSC)と150万個以上の銀河を含む広がった赤外線源カタログ(Extended Source Catalog: XSC)などさまざまなカタログが作られた。2003年に完成したそれらのカタログはカリフォルニア工科大学の赤外線画像処理・解析センター(IPAC)で世界中に公開されている。
IPACの2MASSのホームページ:https://www.ipac.caltech.edu/2mass/

2019年08月25日更新

関連画像

点源カタログ中の5億個の星の天球上の分布(銀河座標系で表示)。J, H, Kバンドを青, 緑, 赤に対応させた代表色表示である。右下の二つのしみのようにみえるのは、大マゼラン雲と小マゼラン雲である。
https://old.ipac.caltech.edu/2mass/gallery/showcase/allsky_gal/index.html
広がった赤外線源カタログ中の160万個の銀河の天球上の分布(赤道座標系で表示)。J, H, Kバンドを青, 緑, 赤に対応させた代表色表示である。銀河系の星の分布が青色で重ねてある。
https://old.ipac.caltech.edu/2mass/gallery/showcase/allsky_gal/index.html